40代の体型の変化

40代になったら体型が崩れる!基礎代謝低下にホルモンバランスの乱れが原因!

女性っていくつになってきれいだと思われたいものです。容姿やスタイルンやファッションなどいくら年を取ったとしてもそういった部分は気にしている女性も多いのです。

若い頃はスタイル抜群だった女性も年齢と共に体型は崩れてきます。若い頃と特に食生活や生活スタイルが変わっていないのになぜかお腹周りに脂肪がつき始めるのです。脂肪が重力に耐えられず下に垂れ下がったり今まで何の問題もなく着ていたズボンが入らなくなってしまったりと30代~40代に掛けて体型の変化が現れます。

40代にもなってくると20代の頃と同じ生活をしていては危険です。年齢が上がるにつれて新陳代謝が低下して血のめぐりが悪くなってきます。そうなると身体の老廃物がうまく排出されず体の中に溜まりやすくなってしまい便秘や冷え性などの体の不調をまねくのです。基礎代謝が悪くなってしまうと眠っている時や特に活動していない時の消費カロリーが低下してしまうため、普段と変わらない生活をしていても太ってしまうのです。基礎代謝は年齢が上がるにつれて低下していくため、年齢が上がるにつれて積極的に体を動かしてカロリーを消費したり、摂取カロリーを抑えたりなどの努力が必要となってくるのです。そしてこれ以外にも40代になってくると脂肪を蓄積しやすくなってきます。これは閉経が近づきホルモンバランスが乱れることが原因です。女性ホルモンであるエストロゲンは体脂肪の抑制やコレステロール値を正常に保つ働きしているため、エストロゲンが減少すると体型が崩れやすくなるのです。そして骨盤の開き易くなり骨盤周りに肉がつき易くなります。骨盤が開いた部分に脂肪が埋まり、骨盤が開いたことで支えきれなくなった内臓の位置が下がり圧迫されます。もちろん内臓機能も低下してしまうため注意が必要です。骨盤はちょっとしたことでも歪んでしまいます。座り方やかばんの持ち方など「こんなことで骨盤って歪むの?」と思うようなことで歪むのです。

40代のもなってくると体型の歪みがあらわになってきます。基礎代謝が落ち、脂肪がつき易い体になってしまいます。年齢を重ねても美しい女性でありたいと思う人にとって体型の崩れは大きな影響です。積極的に体を動かしておかなければ体はどんどん年相応の体型になってきます。40代になっても年齢を感じさせない女性になるには見た目のお肌の美しさに加えスタイルも重要なのです。いつまでもきれいな女性って思われたいですよね。